※噴火の可能性報道前のアグン山。

バリ島 火山噴火の可能性高まる7万5000人超避難
9月27日 6時07分

日本からも大勢の観光客が訪れるインドネシアのバリ島ではおよそ50年ぶりに火山が噴火する可能性が高まっていて、避難した住民は7万5000人以上に上り、インドネシアのジョコ大統領は万全な態勢をとる考えを強調しました。

インドネシアのバリ島にあるアグン山ではこのところ火山性地震が増加しており、地元当局は今月22日に警戒レベルを最も高いレベル4に引き上げ、噴火口から半径9キロから12キロの区域を立ち入り禁止にしました。

NHK NEWS WEBより引用

2017年9月27日現在。

旅人ひろが愛するバリ島のアグン山が噴火しそうで大変なことになっています。

私はその報道を聞いてから居ても立っても居られない気持ちになりました。

正直、どうすることもできないのが現状ですが、微力ながらできることはブログを書くことくらいですから、今回からは旅人日記を一旦中止にして私が分かる範囲で避難状況とバリ島・アグン山の現状について情報をお届けしたいと思います。

インドネシア・バリ島という場所は思い入れが強く、友達もいるために心配しています。

自然災害の恐ろしいところではありますが、本当に人の力って無力だなと感じさせられますよね。

しかし、インドネシアのジョコ大統領が今月の26日に述べた「人々の安全を最優先する」という言葉がバリ島の人々の心に響いたのかもしれません。

本日27日の時点で7万5000人以上が避難しているという情報がありますし、大統領自ら現地の人々に救援物資を直接手渡ししているというのですから、本当に頼りになりますよね。

バリ島の皆様が無事であることを心より願ってます。

今後は新しい情報が入り次第、更新していく予定です。

スポンサーリンク